盗聴、盗撮発見調査のことならお任せください。

探偵コラム

盗聴器でWi-Fiを使用するタイプの発見方法と対処法についてまとめてみた

盗聴器でWi-Fiを使用するタイプの発見方法と対処法について、まとめてみました。最近の盗聴器はデジタル化・小型化しており、一般の人が設置場所を特定するのは非常に困難になっています。実際の盗聴の手口や、盗聴器を発見する機器について、紹介していきます。

盗聴器はWi-Fiを通じてアプリで可能

盗聴は今やWi-Fiを通じてアプリで可能な時代になりました。実際にニュースでも取り上げられたことがあり、ご存じの方も少なくないかもしれません。

盗聴したい相手のスマートフォンにアプリを入れておけば、録音やカメラ撮影などをしてくれるアプリがあります。

これらのアプリは、もともと紛失時の盗難対策に使われるもので、盗聴したい相手のスマホに勝手にアプリを入れるのは、顔見知りでないと難しいでしょう。

たとえば、遠隔操作系の『ケルベロス』、ICレコーダー系で外部の音があったときに起動する『Dictaphone』、動いたものがあると反応してカメラが起動する『セキュカム』などが盗聴器代わりにWi-Fiを通じて、監視用に使われてしまうことがあります。

これらのアプリの怖いところは、アプリが起動しているかどうかが画面に表示されないので、盗聴されていることになかなか気づけないことです。さらに、古くなったスマホに上記アプリがダウンロードされていて、部屋に置いておいたスマホがずっと盗聴していた、ということも有り得ます。

さらに、遠隔操作系の『ケルベロス』は、アプリをダウンロードしたことも気づかれないように、アイコンをホーム画面から消すことも可能です。『ケルベロス』の機能には、パソコンから遠隔操作してスマホをロックしたり、データを消したり、録音・画像撮影などがあります。

これらのアプリを悪用する人がいれば、盗聴器としてWi-Fiから情報を搾取される危険性があることを覚えておきましょう。

盗聴器としてWi-Fiで通信している機器を発見する方法

スマートフォンのアプリには、盗聴器を発見する機能がついているものがあります。有料のものから無料のものまでありますが、アプリで発見するのは難しいのが現状です。

その理由は、盗聴器は音の振動をアナログ波に変えて送信しているので、スマートフォンがデジタル波しか受信できないためです。なので、盗聴器を発見するのであれば、昔から使われている方法が確実に発見できるでしょう。

専門知識のない一般の方でもできる方法で代表的なものは、FMラジオを使って盗聴器を見るける方法です。

上記したように、盗聴器の電波はアナログ波であり、FMラジオと同じ周波数帯を使用している場合もあるので、チューニング次第で盗聴器を発見できる可能性があります。

やり方は、まずFMラジオを受信可能な状態にセットし、スマホやパソコンなどで音楽を鳴らしておきます。FMラジオは、低い周波数帯から始めて、だんだん高くしてみましょう。こうすると、どこかでFMラジオから、部屋に流れている音楽と同じ音が聞こえてきた場合、どこかに盗聴器が仕掛けられていることになります。

盗聴器の音が聞こえやすいように、FMラジオの音は大きめにしておくとよいでしょう。

また、FMラジオ以外の方法だと、盗聴器発見用の専門の機器を使ったり、周波数を解析してグラフ化するスペクトラムアナライザーという装置を使ったりする方法もあります。

これらの機器は、一般的な家電量販店では売られていませんが、インターネット上では通販サイトで売られていることもあるので、探せば見つけることが可能です。

盗聴器でWi-Fi通信している機器を探知できるデバイス『VESANY』

盗聴器の中でWi-Fiのようにネット回線を利用して音声やカメラ撮影をする機器を探知できる最新デバイス『VESANY』が、クラウドファンディングサービス『Kickstarter』で支援を募って開発されました。

最新の盗聴器を代表するデバイスは、非常に小さくなっているので、それらを発見するために開発された優れたデバイスとなっています。

『VESANY』は、Wi-Fiにつながっている小型盗聴器のような発信源を感知したり、隠し撮り用のカメラレンズを探知したりする機能が用意されています。『VESANY』自体も非常に小型で、手のひらにすっぽり収まってしまうほどのサイズ感です。また、電源に常時接続しなくても、バッテリーを内蔵しているので、携帯して利用しやすいのもポイントです。

広範囲の周波数帯に対応しており、現在使用されている携帯デバイスの多くを感知することができます。盗聴器に使用されているWi-Fiだけでなく、2Gや3G、4G、5Gといったガラケーやスマートフォンのモバイルネットワーク、GPSで使用される電波も特定可能です。

盗聴器で発見しづらいのは、有線で設置された機器よりも、小型の無線デバイスの方です。ベッドの下や、絵画の裏、エアコンの内部など普通は確認しないような場所に盗聴器は仕掛けられていることが多いので、これらを発見する大きな力になるでしょう。

また、無線通信しない隠しカメラは、赤外線を発して反射する光をとらえることで設置された場所を特定します。『VESANY』がLEDライトをつけて室内に光を発し、赤外線フィルターを通して目視すると、実際にカメラが隠されている場所を特定可能です。

ホテルや民宿のような外出先で宿泊施設を利用する際に、盗聴・盗撮が気になる人には、最適のデバイスと言えるでしょう。

盗聴器でWi-Fi以外のベーシックな手口

盗聴器でWi-Fi以外にベーシックな手口だと、壁に埋め込まれたコンセントの内部に設置されるタイプ、生活音に反応して録音を開始するタイプが挙げられます。

コンセントの内部に埋め込まれているタイプは、壁を壊さないかぎり、普通に生活している中で発見するのは困難です。このタイプは、コンセントに差し込んだときに不自然な高い音が出たりすると、盗聴器が仕掛けられている可能性があるので注意しましょう。

生活音に反応するタイプの録音型盗聴器は、プロが使用する機器でないと、見つけることはまず不可能です。

まとめ

盗聴器でWi-Fiを使用するタイプのものや、一般的な盗聴の手口、発見する方法について、ご紹介しました。Wi-Fi以外の盗聴器でも、最近のものは小型化して発見が難しくなっているので、不審に思った場合は警察や専門家の手を借りて、対処することをおすすめします。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒盗聴・盗撮発見に関するお問合せはこちら

探偵コラムColumn